新潟県生まれの女子が出会い系サイトで男選び

posted by on 2015.08.11, under サクラ対策
11:

ヒロコは複雑な家庭にそだちました。新潟県の普通の家庭にうまれましたが、父親の兄にこどもがいないため、跡を継がせるために子供が欲しいと言われ、ヒロコが小学生のときに養子に出されました。そういう風習が昔は存在したことは知っていますが、現代においてもそんなことがあるとは、ヒロコは全く知りませんでした。
おじおばが嫌いなわけではありませんが、自分が親から捨てられたような感じがしてとても寂しい気持ちになりました。もう5年生でしたので、女の子にはなっていましたし、性的な問題も含めてだれにも相談できないというのはちょっと困りました。蘚類といってもおじはやはり他人の男性。裸をみられたりするのもいやでした。
いつもいつもどこかで気を使って生きてきたので、みょうに臆病な性格になってしまいました。そのために、男性とうまくつきあえません。不良のようなおかしな男の子としか付き合えず、ほんとうは仲良くなりたい優等生タイプとはぜんぜん縁がもてませんでした。
不良の子たちは、女性をセックスの対象としかみていないのでセフレ欲しいある意味では気楽だし、ある意味ではただカラダだけ遊ばれてしまった感じです。ヒロコにしてみれば、それでも友達がいないよりましでした。
おとなになると、不良ばかりと付き合ってもいられません。もう少しまともな男性と知りあいたいと思いましたが、チャンスがありません。それで、今は出会い系サイトを使っています。とりあえず、普通の人と出会えています。

Comments are closed.

pagetop