都道府県によってバストアップ効果が違う?

posted by on 2015.07.16, under 優良サイトの見つけ方
16:

深夜のバライティ番組で扱っていたことから耳覚えある人も多いでしょう。「埼玉県には貧乳の女性が多く、その現象には理由がある。」というものです。実際に各都道府県の女性50人を対象としてバストサイズを測ったところ、平均値には顕著な偏りが生まれていました。Eカップは岐阜県と京都府で、DカップCカップ、Bカップはある程度散らばっていました。しかしAカップは埼玉県だけ。かなりの偏りと言えそうです。バストアップに興味がない地方ということは首都圏の近くですから考えにくく、またバストアップの効果の出方には遺伝もあまり関係がないということです。一番関わりがあるのは生活習慣と言われていますので、「なぜ埼玉はAカップなのか」ということは、この生活習慣の違いに理由がありそうです。そこで深夜のバラエティ番組は、ある仮説を立てました。
乳房研究会に問い合わせを行ったところ、この研究会の副理事は、バストの発達に関わりがあるのは遺伝や食生活、住環境などに影響されることはなく脱毛の情報はこちら一重に「女性ホルモンの分泌」にあると回答しました。この女性ホルモンは22時から深夜2時の間の就寝中に分泌されるもので、この時間に寝ていないと分泌されないのです。この時間帯に良い睡眠を得ていれば、女性ホルモンの分泌は盛んになります。
そこに注目した番組スタッフは「埼玉県の女子高生が最も睡眠時間が短い」というデーターに行き着きます。また進学塾などの数も、一番多いようです。この「睡眠時間の短さ」が、埼玉県の「Aカップ」に結びついているという仮説を打ち出したわけです。こればかりが正解とは言えませんが、かなり確信に迫った仮説だと評価されました。
バストアップに良いとされる食べ物や運動だけを行っても、とどのつまり女性ホルモンの分泌の影響を一番受けるということであれば、女性ホルモンの問題がクリアしない限り効果はできくいと考えて方が懸命でしょう。良質な睡眠を取った上で様々なバストアップ方法を実践するのが一番効果が期待できそうです。「胸が大きな女性」は、たっぷり睡眠をとっているということが仮定でき、バストサイズだけではなく睡眠が美容には重要だということは周知のことです。また神経質な女性は胸が小さめだとも言われています。悩みがあると寝られなくなるタイプだと、女性ホルモンは分泌しにくいのかもしれません。胸が大きな女性はオオラカだというのは、「おおらかだから胸が大きくなる」ということも言えるでしょう。

Comments are closed.

pagetop